2017年11月7日火曜日

開通55周年記念「芸術作品に見る首都高展」開催のお知らせ

12月16日(土)~20日(水)に、東京・大崎のO美術館で「芸術作品に見る首都高展」が開催されます。

この展覧会では首都高を題材にした約80のアート作品(写真、絵画、版画、立体造形など)が展示されます。

写真作品に限るとこんな方々の写真が展示されます。

北野謙、立木義浩、中野正貴、中藤毅彦、西澤丞、花代、広川泰士、百武てつ吾、本城直季、Michael Hitoshi、松岡幸宏、森山大道、やましたみか、山路雅央、山本高裕(五十音順敬称略)

私の名前が端っこにあります。すごいです。光栄です。

写真も素晴らしいのですが、絵画や版画など、首都高を題材にしたアートが世の中にはこんなにあるのか。そしてこんなにすごいのか、と驚くこと間違いない展示となります(僕自身びっくりしました)。

というわけで、会期中はぜひ大崎のO美術館へ!

(メインビジュアルはブラジル出身の画家・大岩オスカールさんの「首都高を走る船」です)

コメントを投稿