2017年11月2日木曜日

タイムスリップの江戸散歩を深川で楽しむ

江戸の昔にタイムスリップしたかのようなのどかな雰囲気が印象的だった

Google PlusというSNSサイトの仲間たちが集い、フォトウォーク(仲間同士、カメラ片手に撮り歩くイベント)が初めて開催されたのは2012年5月のこと。

SNS上で出会った人たちが初めてリアルに集うわけだから、両国駅に集合したときにはとても緊張したのを覚えている。

両国からほど近い隅田川にかかる首都高速の両国ジャンクションは、それ以前から何度も行っていた。しかし、深川のエリアを撮り歩いたことはほとんどなかった。

上の写真の清澄庭園に入ったのもこのときが初めて。江戸の昔にタイムスリップしたかのようなのどかな雰囲気が印象的だった(上の写真はその5年前の散歩のときに撮ったもの)。

富岡八幡宮と共に栄え、また木場がつくられ貿易の街として栄え、今も下町情緒残る深川。また、目的地を定めずにのんびりと歩いてみたくなった。

さて、そんな深川を英語ボランティアガイドとして案内することにチャレンジした!という記事が「GOTCHA!」で公開中。静かで情緒ある散歩を楽しみたいなら、僕もゲストをこの界隈に案内したい気がする。

「おもてなし」の魅力いっぱい。外国人を案内したい東京・深川エリア(前編)
http://gotcha.alc.co.jp/entry/20171101-hmletter01

コメントを投稿