2018年2月12日月曜日

首都高の昔の「裏」が見える場所 / The Edges

The Edges

1995年の阪神淡路大震災の後、首都高速の多くの箇所に耐震補強が施された。支柱や高架の裏が補強された、裏の美しいデザインは補強材によって覆い隠されてしまった。3号渋谷線もそのひとつで、橋の裏は何とも味気ない表情をしている。

先日、3号線に沿って散歩をしていてたときのこと。池尻大橋付近で国道246号線を横切る歩道橋を見つけ、上からの景色を見ようと渡ってみた。すると、なんと、歩道橋が首都高の高架すれすれに渡されているため、歩道橋の上だけ補強されていなかった。元の底が丸見えだった。

下の写真で、奥の高架の補強が歩道橋のところだけ途切れてのが見えるだろうか。



最初の写真は、そこから真横を向いて撮ったもの。高架なのに高架に見えない、なんだか不思議な絵になった。

After the Great Hanshin-Awaji Earthquake in 1995, many parts of Metropolitan Expressway were reinforced. The Route 3 Shibuya Line is one of them. Now the bottom of the expressway is totally covered with the reinforcement.

When I walked along the route the other day, I saw a pedestrian bridge near Ikejiri-Ohashi station. I just wanted to see how things would look from the bridge, so I decided to cross it. Then I noticed that the bridge was so close to the bottom of the expressway and the reinforcement was interrupted. I was able to see the original bottom.

This is the photo I captured looking sideways. Because of the end of the reinforced bottom, the expressway looked like something different, didn't it?

今回の機材

コメントを投稿