2010年2月4日木曜日

夜の魚

最近、夜になると息苦しい。
夜の月、星、雲、そして街明かりまでもが、
魚の胸を締め付ける。

魚は息苦しいのを承知の上で、
わざわざ、月、星、雲、そして街明かりに
埋め尽くされた外の世界に足を伸ばす。

いや、正確には足ではなく、ひれなのだが、
そんなことはどうでもいい。

魚が探し求めているのは、
同じく胸を締め付けられる「仲間」だ。
いつかそんな「仲間」を見つけることができれば、
彼の抱える苦しさの理由が見つかると信じているのだ。

The 20th of October, 2009
コメントを投稿