2016年7月9日土曜日

【写真展】 The rain of blessing / Rinko Kawauchi (Gallery 916)


「余白」のある写真はいい。

ここでいう「余白」とは、白いスペースが多分にある写真という意味ではなく、見るものを考えさせる写真、という意味だ。なぜそこでシャッターを切ったのだろう、何を美しいと思ったのだろう。何を伝えようとしたのだろう。写真を見ながら、写真家と見るものが会話する余地がある。

この土曜日は、港区海岸にあるギャラリー916で、好きな写真家の一人、川内倫子さんの写真展を見てきた。白壁の広い倉庫のワンフロアに、デビューの頃から最新の作品が並んでいた。

熊本を撮った最新作品群も良かったが、水や氷を写した青の光が何より美しかった。

そして、1枚、とても気に入ったのは、鳥の大群の大判(たぶん、会場で最大)。これはは圧巻。何度も見に戻った。撮ったときの話を何かのインタビュー記事で読んだような気がする。

その鳥の写真の最大サイズは、エディション3で、なんとお値段120万円! そんな写真を飾れる家に住みたいなと言ったら、友人に「倉庫か!」と返された。

まあ、倉庫に住むのもあり、だよな。


I like photos that have "blank space."

What I mean by blank space is not that physical white blank space, but something that let viewers think. Why did that photographer point his/her camera at a certain subject? Why did he/she think it beautiful? While looking at the photo, viewers and the photographer can enjoy a conversation through the photos.

This Saturday, I went to Gallery 916 in Kaigan, Minato-ku, Tokyo, and enjoyed the latest photo exhibition of one of my favorite photographer, Rinko Kawauchi. Her photos were hanging on the white walls of the vast space. The gallery was on the 6th floor of a warehouse in the bay area.

The show exhibits Kawauchi's early works to the latest. The views of Kumamoto prefecture that Kawauchi captured were so atmospheric. The blue light of water and ice was beyond description.

What I really liked most was the huge photo of a flock of birds (it was about 1.5 meters wide or much wider). I returned to the photo countless times before I finally left the gallery. It was so overwhelming.

And the price of that photo? 1.2 million yen! I wish I could live in a house that can accommodate such a huge photo. My friend advised me that I live in a warehouse ...

Yes, that may be a good idea.


コメントを投稿