2015年11月1日日曜日

荒川土手の暗い夜道を撮る / Capturing a Road on a Dark Night

f/4.5 30 sec. ISO 100


首都高速中央環状線の「かつしかハープ橋」。ここに立って、まず橋のディテールが見える露出で撮ってみた。それが下の写真。

f/5.6 8 sec. ISO 100
暗い。田舎の暗闇と比べたら、とても真っ暗とはいえないが、肉眼ではかろうじて路面が見える程度で、ジョギングする人の中には頭に懐中電灯を付けている人もいる。

後で現像するときのことを考えたら、路面もしっかり写しておきたい。写すことができるかな。

がんばったら写った! SIGMA dp0は開放シリーズは、30秒の長さまでしか露出できないから、写らない

夜空は明るすぎる。でも、目的達成したから満足。ただの自己満足。自己満足のために、目的のスポットにたどり着くまでに余計な時間を使った(笑)。

I went to take photos of Katsushika Harp Bridge in Katsushika ward, Tokyo. The road along the river was so dark and it's impossible to capture the details when I took the exposure on the supporting column of the bridge. So I challenged to capture the road discarding the idea of capturing the bridge that moment. Any way, at f/4.5 and 30 second exposure can capture the details of the road even though it was still dark. I could have gone with longer exposure with a narrower aperture if I used a different camera that moment, but the longest exposure time of the SIGMA dp series is 30 seconds.

Photo Data
Place: 東京・四つ木 / Yotsugi, Tokyo
Camera: SIGMA dp0 Quattro


コメントを投稿