2016年3月20日日曜日

夢の中の白を撮る / Capturing Dreamy White


毎年、この季節いちばんの楽しみが、ユキヤナギの花を見て撮ることだ。

毎年同じことを繰り返しているから、友人の中には、僕のユキヤナギの写真を見て「春が来た」と感じてくれる人もいるらしい。ありがたいことだ。

この花を撮るときに気に入っているスタイルが「ティルト」。花がぎっしりと、それも立体的に咲き誇るユキヤナギを、レンズをティルトさせて(傾けて)撮ると、奥行き感が不思議で、夢の中のような絵が撮れる。これが楽しい。

One of the things I look forward to every spring is to see and take photos of Spiraea thunbergii, which we call Yukiyanagi (It means snowy willow).

I do this every year, so some of my friends know by my spiraea photos that spring has come to Tokyo.

I like to tilt the lens when I take this flower. The bush literally pop up so many tiny flowers. With the tilt technique, I can capture images with dream-like perspective.

Photo Data
Place: 東京・世田谷 / Setagaya, Tokyo
Camera: Panasonic Lumix DMC-GH2
Lens: Ai AF Nikkor 28mm f/2.8D





コメントを投稿